会社の成長を方程式で定義すると|キャッシュフロー経営実践講座

会社の成長を方程式で定義すると|キャッシュフロー経営実践講座

会社の成長を方程式で定義すると

会社の成長を方程式で定義すると

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

会社の成長を方程式で定義する

会社が成長していくためのポイントは何だと思われるでしょうか?

今週参加したフォーラムでもいろいろな意見が出ていました。


その話を聞いて、私になりに考えをまとめると、

経営者の成長×社員の成長=会社の成長

となります。


まずは経営者の成長

これは、オリックスのシニア・チェアマンである宮内義彦さんも、
「会社は経営者の才覚が天井になるので、経営者自身が成長できるかどうか」
が鍵を握っている

旨、強調されていました。


宮内さんによれば、「自社のことをよく分かっているだけでは50点」で、
「自社はどんな立ち位置にあるのか、世の中の動きと齟齬がないか
を常にマクロの視点でも捉えられるように勉強が欠かせない」
というご指摘でした。


そして、もう一つは社員の成長です。


人づくりで表彰された中小企業の経営者は三代目の社長さん。

先代の急死を受けて社業を引継いだものの、社内は先輩社員ばかりで
最初は苦労されました。


そして、ある時、5年後、10年後に社員が何歳になっているか
というシミュレーションをした時、高齢者ばかりの会社になる
という事実を改めて知って、愕然とされました。

そこからは、周囲の反対を押し切って、新卒の採用や教育に力を入れる
ことを決意。

今では職業訓練校でも同じカリキュラムが導入されるなど
社員が自ら成長するモデルを確立されています。


まずは、経営者が広い視野を持って、次の一手を的確に打てる
よう努力することは必要です。

しかし、経営者だけが頑張っても、やはり限界があります。


経営者が立てた経営戦略に基づいて、社員が日々自立的に動けるかどうか。

特に人材が不足しがちな昨今の場合、一人ひとりの社員が
どのくらいのスピードで成長できるかが、次の限界突破の鍵になります。

経営者の成長×社員の成長=会社の成長

会社の成長は二つの要素の掛け算なので、片方だけが大きくてもダメ。

経営者の成長スピードに社員が追いついていけないと、
全体のバランスが崩れて、かえって成長の妨げになります。

また、勉強熱心な経営者の方に限って、社員の成長に関して
自分の成長ほどには関心を払っていないこともあります。


弊社でも、社員が3倍速で成長してくれたお蔭で
会社の成長スピードが格段に上がったのを実感しています。


経営者も社員も成長してこその会社の成長

言葉にしてみると、当たり前のことですが、案外言うは易し、行うは難しです。


社員の成長を促すために、コアコンセプトを活用している事例は「こちら」をご参照下さい。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: 社員教育 会社の成長 社員の成長

コメント


認証コード7712

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional