経営者が苦手な分野でリーダーシップを発揮するためには|キャッシュフロー経営実践講座

経営者が苦手な分野でリーダーシップを発揮するためには|キャッシュフロー経営実践講座

経営者が苦手な分野でリーダーシップを発揮するためには

経営者が苦手な分野でリーダーシップを発揮するためには

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

経営者が苦手な分野でリーダーシップを発揮するためには


「他の会社の雛形なんか持ってきて適当に作ってよ」

依頼された側が一番困るパターンです。


規程やマニュアルなどに関して、多くの経営者は

  • 他社の事例を参考にすれば簡単に作れる
  • 雛形を使えば事足りる

という具合に考えておられます。

けれども、専門家からすると、奥が深い問題なので、
きちんとやるにはすごく手間暇がかかるという場合です。


例えば、就業規則

経営者は概して「簡単に作れる」と思いがちです。

けれども、法律を順守しつつ、どこまで経営者の思いを伝えるか
という点ではすごく奥が深い事項です。


先日もあるクライアントさんが「就業規則を作りたい」
というご要望があったので、知人の社労士の先生をご紹介しました。

そのやりとりを横で聞いているだけでも、
「ええ、そこまでやらないとマズイの?」とか、
「こんなやり方でも大丈夫なんだ・・・」というように
目から鱗が落ちることがたくさんありました。

ちなみに、昔の職場でもらった就業規則を社労士の先生に、
「これって使えますか?」と質問したところ、
「これだと全然ダメです!」と一刀両断でした。


手間の観点からすると、経営者は「就業規則なんて簡単にできる」
と思っています。

しかし、専門家の立場に立つと、
「就業規則を100%完璧な形にするなんて無理」なので、
「『適当にやる』というのはかなり難しく、すごく手間がかかる」
ということになります。


就業規則を社労士の先生にお願いすると、30万円ぐらいの費用がかかります。

残業代や退職手続の問題などで、一度でも痛い目にあった経営者の場合は
「30万円なら安い」と言われます。

しかし、まだそういったご経験がない経営者の場合は
「5万円ぐらいでなんとかならないの」と言われます。


中長期的に会社に与える影響を考えると、私は「30万円なら超お得!」
と考えています。

そうは言っても会社の状況によっては、「いきなり30万円を払うのはきつい」
という場合もあるかと思います。


その場合は、「予算は10万円なので、最低限ここまではカバーしてくれ」と
予算とクリアしたい基準を明確に提示することがポイントです。


もちろん、中には「その金額だと無理です」と断られるケースもあります。

しかし、「適当にやって」という時よりは達成すべき目標が明示されている分、
解決方法はあります。

それは安易な妥協ではなく、最終的なゴールに向けた道しるべの一つです。


「適当にやって」では自分の意思は伝わりません。

自分の苦手な分野においても、自らの意思を明確に示す
ことで、リーダーシップを発揮しましょう。


自分の苦手な分野を見極めるためには、「コアコンセプト」を活用するのも解決方法の一つ。詳細は「こちら」をご参照下さい。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: 文書化 リーダーシップ 就業規則

コメント


認証コード5448

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional