お金を自分なりに定義してビジネスを加速する|キャッシュフロー経営実践講座

お金を自分なりに定義してビジネスを加速する|キャッシュフロー経営実践講座

お金を自分なりに定義してビジネスを加速する

お金を自分なりに定義してビジネスを加速する

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

お金を自分なりに定義してビジネスを加速する

お金の切れ目が縁の切れ目。

前職のベンチャー企業に勤めている時も、資金調達に成功して
お金がたくさんあった時はいろいろな企業や人が会社にやってきました。

しかし、業績が悪くなって、お金の底が見え始めると、とたんに人は来なくなり、
連絡してくるのは支払の督促だけという状態に・・・。


お金には人を引き寄せる引力があります。

だから、お金がなくなると、潮がひくように集まる人も減っていきます。

そして、それを間近で経験したりすると、人間の嫌な側面が見えてくるので、
お金に対する嫌悪感が生まれてきたりします。


しかし、ビジネスを続けていく以上お金の問題は絶対に避けて通れません


いろいろな人がいろいろなことを言っています。

  • お金は無色透明だ
  • お金はツールだ
  • お金に罪はない
  • お金はお客様の感謝の証
  • お金は汚くない etc.



どれが正しくて、どれが間違っているということはありません。

肝心なのは、他人が唱えるお金の定義に振り回されないことです。


例えば、「お金はお客様の感謝の証」という定義。

確かに商売の基本として、お客様に喜んでもらうことで
売上が上がり、結果としてお金が入るという意味では正しいと思います。


けれども、仮に手元のお金が少ない時に、この定義を当てはめて、

お金が少ない
 ↓
お客様の感謝が少ない
 ↓
自分のビジネスはお客様の役に立っていない
 ↓
自分はダメな人間だ
 ↓
自分は・・・・・

となると、ますます落ち込んでいくことになります。


だから、どんなに偉い人の名言であろうが、自分にしっくりこないで、
かえって自分を落とし込めるような言葉には無理に従わない方が賢明です。


私にとっては、

お金=安心感

です。

そして、この安心感があると、自然体になり、自分が力を発揮できる
モードになります。


つまり、自分の本質的な価値観であるコアコンセプトを深掘りした後で、

コアコンセプトと紐づける形で自分なりにお金を定義

しています。

すると、ビジネスで売上を上げて、利益を確保することと
自分の感情の動きを一体化することができ、変な違和感がなくなりました。


あなたにとって、お金とは何でしょうか?

自分の中においてお金の定義がハッキリすると、
ビジネスに取組む際にもグンと楽になってきます。


自分の本質的な価値観を掘り下げていく

コアコンセプト・マーケティングの体感セッション

定例開催日以外でもご希望がある場合は個別に対応させていただきますので、
ぜひ一度受けていただければ嬉しく思います。

★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: コアコンセプト お金の定義 ビジネスを加速する

コメント


認証コード8803

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional