お金の出し手の数字の見方を知る|キャッシュフロー経営実践講座

お金の出し手の数字の見方を知る|キャッシュフロー経営実践講座

お金の出し手の数字の見方を知る

お金の出し手の数字の見方を知る

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

お金の出し手の数字の見方を知る

先日動画撮影の勉強会に行ったという話をしましたが、その時教えてもらったことの一つが、製作側の意図によって撮影の仕方も変わるということ。

公園で人が歩くシーンを撮影した際、講師の先生が言われた事例が、「もし、その人がカバンに大金を持って運んでいると強調したい場合、手に持っているカバンにズームするとそれらしく見えてきます」


このような講義を聞いてから、テレビを見ていると、「なるほど!」と思えるシーンがいくつかありました。

例えば、なでしこジャパンで、最後に熊谷選手がPKを決めて皆が歓喜するシーン。

今週になってもテレビのニュース等で何回か見かけたのですが、よく見ると、最初に澤選手のアップ→チーム全体を引きの映像でとなっていました。

やはり、カメラマンの方も今大会のMVPで、優勝の立役者である澤選手に最初のフォーカスを当てていたのではないでしょうか。


動画については、私は素人同然なので、何も語る資格はありません。

しかし、プロの方に基本的な見方を教えていただくことで、

今までと同じものを見ていても違った角度から見ることができる

ことを実感したのです。

同じことが会社の数字を見る際にも言えるのではと考えています。


つまり、同じ数字を見ていてもある考え方を知ることで、今までにない発想を思いついたり、新しい問題解決方法が見つかる可能性があるということです。


そこで、来週は銀行員や投資家など、いわゆる

お金の出し手が会社の数字のどこに注目しているか

について、お話してみたいと思います。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: お金の出し手 会社の数字 数字の見方

コメント


認証コード4773

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional