主体的に手法を選んで、自分が納得する結果を手に入れる|キャッシュフロー経営実践講座

主体的に手法を選んで、自分が納得する結果を手に入れる|キャッシュフロー経営実践講座

主体的に手法を選んで、自分が納得する結果を手に入れる

主体的に手法を選んで、自分が納得する結果を手に入れる

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

主体的に手法を選んで、自分が納得する結果を手に入れる

これから受験シーズンも本格化しますが、受験勉強の仕方でよく言われるのが、「夜型が良いか、朝型が良いのか」という議論です。

人間の本来の生活スタイルから言えば、夜は早めに寝て、朝は早く起きる方が良いと言われています。

けれども、最終の追い込みに入った時期になると、夜遅くまで起きて、夜食も食べて頑張るという状況もあるかと思います。


「今でしょ!」で有名な林先生によると、ご自身は

学校から帰ったらいったん寝る
 ↓
夜中に起きて、朝まで勉強する

という形で勉強されていたそうです。

けれども、「夜型が良いか、朝型が良いのか」という質問に対しては、「どちらでも自分がより効果が上がる方でよい」というご回答でした。


会社経営においても、「今どきはホームページぐらいないとダメ」と言われています。

また、「ホームページを作るだけではダメで、ブログ機能をつけて、定期的に更新することが大事」とも言われています。


たしかに、ホームページはないよりはあった方がベターですし、記載内容を更新しないよりはした方がよいのは事実です。

しかし、私の知っているある店舗経営者は、ホームページはおろか、ブログなども一切ないにも関わらず、20年以上ビジネスを続けておられます。

そして、その経営者の性格やスキル、考え方からすると、これからも、ホームページ等を作りそうにありません。


受験勉強で大事なのは、入学試験に合格するだけの知識を身につけることなので、夜に集中して勉強するか、朝方に頑張るかは単にやり方の問題です。

一方、会社経営において大事なのは、継続的に利益を上げ続けることなので、ホームページをどうするかは集客のためのツールの一つに過ぎません。


他の皆がやっているという時に、自分だけはやらないという選択をするのはとても勇気のいることです。

そして、他の皆がやっていることを自分もやることで、一定の安心感が得られます。


けれども、受験勉強であれ、会社経営であれ、求められるのは自分として納得のいく結果です。

夜の方が集中力が増すのに、無理やり朝型に変える必要はありません。

既存客から紹介で安定した集客の仕組みができているのであれば、ブログの更新に躍起になるよりも、目の前にいるお客さんの満足度アップに集中する方が効果が高いということもあります。


目的と手法で言えば、普段よく議論になるのは、「どのようにしてやるか」という手法の方です。

そして、情報が氾濫する時代にあって、手法については無数と言っていいぐらい選択肢があります。


手法は使いこなすものであって、振り回されるものではありません。

自社にあった手法は自ら主体的に選択しましょう。


自社に合った手法を選ぶには、価値判断の基準を知ることが最優先です。詳細は「こちら」です。

★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: 手法 納得する結果 会社経営 受験勉強

コメント


認証コード1495

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional