有名な会社が候補先から外れた理由とは?|キャッシュフロー経営実践講座

有名な会社が候補先から外れた理由とは?|キャッシュフロー経営実践講座

有名な会社が候補先から外れた理由とは?

有名な会社が候補先から外れた理由とは?

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

有名な会社が候補先から外れた理由とは?

ウェブサイトを改修するためにいろいろ調べている中、今の弊社のニーズと合致するので、「ここなら良いかなぁ」と候補先に上がっていたA社。

クライアントのBさんとの打合せの中で、BさんもたまたまA社のサービスを利用されていることが分かりました。

しかし、お話をお伺いすると、あまり評判がよろしくありません。


また、昨日知人のCさんがFacebookの投稿で、どう見てもA社を利用したと思われる感想が書かれていました。

そして、その感想を読んでも、やはりA社に対する評価は高くありません。

結果的にA社は候補先から完全に外れました。


ホームページやブログに書いてある内容や事前にダウンロードした資料を読む限り、A社のサービスや主張されている中味は、「なるほど!」と思えるものでした。

そして、実際にA社のサービスを利用されて、成功されている事例も豊富にあります。

しかしながら、やはり信頼できるのは、実際に接点のあるBさんやCさんの生の声です。


もちろん、ある程度大きな会社なので、担当者によって当たり外れがあることは考えられます。

けれども、たとえ1人でも、「えっ、そんな対応するんですか?」という社員がいる会社は、社内に何らかの問題が潜んでいる可能性が大きいです。


会社を経営している以上、いろいろな会社との出会いがあります。

1回の取引で終わってしまう先もあれば、何年にも渡ってお付き合いする会社もあります。

先日も、以前お世話になった会社と打合せしている中で、「機会があったら一緒に何かやりましょう!」という話になりました。


タイミングとニーズの関係で取引がいったん終わることもあります。

けれども、月日が経って、お互いのニーズが一致した時に、また一緒に仕事をしたいと思ってもらえる会社かどうか

こればかりは、実際に仕事をしてみないと分かりません。


信頼を築くのも、築いた信頼を壊してしまうのも、ちょっとした日々の行動の積み重ね。

炎上しなくても、石垣の積み上げ方がちょっと狂うと、城はもろくも崩れてしまいます。

少なくとも、A社に関しては、BさんもCさんも、取引の終了もしくは縮小の方向で動かれています。

A社のサービスは利用しませんが、その後の動向についてはフォローアップしてみたいと思います。


「社外チーム」においては、始める前には必ず「プレ・社外チームミーティング」(1回90分、無料)を実施して双方の相性を確認しています。詳細は「こちら」をご覧下さい。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: 信頼を築く タイミング ニーズ

コメント


認証コード1822

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional