決断する重みに耐え、悔いなく生きてこその経営者|キャッシュフロー経営実践講座

決断する重みに耐え、悔いなく生きてこその経営者|キャッシュフロー経営実践講座

決断する重みに耐え、悔いなく生きてこその経営者

決断する重みに耐え、悔いなく生きてこその経営者

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

決断する重みに耐え、悔いなく生きてこその経営者

今週「専門コラム」で100億円企業の話を書いたところ、
その後、実際に100億円企業の経営者のお話を聞く機会がありました。


たいへん中味の濃い内容だったのですが、キャッシュフロー経営の観点から
一番印象に残ったのは、売上高No.1の取引先を切れるかどうか
というエピソードです。


当時月商で1億円以上の取引があった先から
「社内でプロジェクターを購入する稟議を上げたが通らなかった」
ので、ついては、
「そのプロジェクターを寄付してもらえないか」
という依頼がありました。

そして、この100億円企業は物流会社なので、その取引先からは
「寄付してもらうプロジェクターの分は運賃に上乗せして請求してもらってもよい」
という申し出でした。


もし、あなたが、一番売上高の多い取引先からこのような申し出があった時、
どのように対応されるでしょうか。


キャッシュフロー的には、寄付する分も売上として回収できるので
特に大きな問題ではありません。

しかも、依頼のあったプロジェクターの価格は40万円ぐらい。

月間の取引高からすれば、なんとでもなりそうな感じです。


結論から言うと、その社長さんは取引先からの申し出を断りました。

すると、先方からは「ウチとの取引を止めてもいいのか?」
ということを暗に匂わされました。

会社で一番の取引先を失うかもしれない危機に、幹部社員たちは
「社長はなんで、先方からの申し出を断るんだ!」と猛反対。


けれども、その社長は

  • 稟議が通らなかったということは、取引先の経営陣がそのプロジェクターは要らないという決断を下したということである
  • それなのに、他の会社が別な方法を使って、プロジェクターを渡すということは、決断を下した経営陣に対して、反旗を翻すことになる

と主張し、先方にも説明に行きました。

結果的には、取引先も納得され、今でもその会社との取引は続いているそうです。


会社を続けていくには、キャッシュフローを回していくことが大事です。

そして、キャッシュフローを回していくにためには、
今の売上をどうやって維持し、更に伸ばしていくかがポイントになります。


この点から言うと、言い方には語弊がありますが、

たかが40万円あまりの出費のことで、月間1億円の入金を失っても良いのか?

ということで言うと、かなり勇気のいる決断です。


しかし、お話を聞いていて感じたのは

この勇気ある決断をされた経営者だからこそ、創業30周年を経て、
年商100億円の企業を育てられた

のだということ。


経営者として譲れない一線をどこに引くか

これは、かなり難しい問題です。

そして、譲れない一線をひく場所に正解はありません


だからこそ、経営者の決断で問われるのは

自分として悔いはないか

です。


特に社員もいる会社の場合、
「会社が倒産して、社員を路頭に迷わすことはなんとしても避けたい」
と考えておられる経営者はたくさんおられます。

だから、業績が悪くなった時に、社員の給料を下げるという決断を
しなければならないことだってあります。

また、全社員の雇用を維持するのが難しくなってきた時、
社員の数を1/3に減らすという決断を下すこともあります。

一方で、頑張って給料も雇用も維持すると決断する経営者もおられます。


世間的には、最後の頑張って給料も雇用も維持する経営者が称賛されます。

しかし、たとえ世間がなんと言おうとも、

自分が正しいと信じる考えに沿って下した決断を
結果の如何に関わらず経営者本人は認める

ことが出発点です。


先の100億円企業の社長さんがおっしゃっていたのは

「判断するのは社員でも経験を積めばできるが
 決断するのは最終的には経営者だけ」

決断する重みに耐えられてこその経営者なのだと、改めて気づかされた気がします。


悔いのない決断を下すためには、自分の価値判断の基準を知ることが先決です。詳細は「こちら」をご参照下さい。

価値判断の基準を知る


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: 決断 譲れない一線 経営者

コメント


認証コード0356

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional