赤字でも人を惹きつける会社の条件とは?|キャッシュフロー経営実践講座

赤字でも人を惹きつける会社の条件とは?|キャッシュフロー経営実践講座

赤字でも人を惹きつける会社の条件とは?

赤字でも人を惹きつける会社の条件とは?

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

赤字でも人を惹きつける会社の条件

あなたはGW中どこかへお出かけされたでしょうか?

私は日帰りで千葉県の銚子まで行ってきました。

目的の一つがローカル線の銚子電鉄に乗ること。

東京から特急に乗って2時間かかり、必ずしも便利とは言えない場所にありますが、
当日は大型連休中ということもあり、かなりの賑わいでした。


銚子電鉄と言えば、以前経営危機に陥った時、「ぬれ煎餅」の購入による支援を
呼びかけたことで話題になりました。


しかし、なんとか経営危機はいったん乗り越えたものの、いかんせん
地方のローカル線。

路線距離も6.4kmしかなく、一時間に一本程度の運行状況では
なかなか経営的にも厳しいものがあります。

実際「ぬれ煎餅」と同じく一時は話題になっていたたい焼き屋さんは、
3月末で閉店になっていました。


このため、大型連休中のような混雑が毎日続くのであればともかく、
現行のままで大幅に収益を改善するのは簡単ではありません。

そこで、ホームページを見ると、よく分かるのですが、銚子電鉄では、
いろいろなイベントを企画したり、駅名愛称のネーミングライツを導入したり、
と、あの手、この手と様々な手を打っておられます。


運賃で稼ぐという本業の柱だけでは難しい状況の中、

  • ぬれ煎餅といった副業で稼ぐ
  • 駅名のネーミングライツなど資産をフルに活用する
  • 他社と連携してイベントを企画する

といったようなチャレンジする姿勢が常に見えるため、
一定のファンや応援してくれるサポーターがいてくれるのだと思います。


さて、地方のローカル線ほどに苦境には立たされていなくても
会社を取り巻く経営環境を鑑みると、本来の本業だけでは黒字化するのは難しい
という会社もあるかと思います。

また、今は本業がなんとか持ちこたえているが、5年後、10年後を考えると、
今の本業だけでは苦境に立たされるかもしれないという危機感
抱いておられる経営者もおられるかと思います。


その時、

  • 副業でもなんでも次の収益の柱を打ち立てる
  • 持っている資産をフルに活用して稼ぐ
  • 他社とも連携して集客する仕掛けを作る

という姿勢を続けていけるかどうか。


頑張っても成果が出るとは限りません。

しかし、

指を加えてぼーっとしているより、いろんな手をつくして奮闘している
会社の方に人は魅力を感じる

のは間違いありません。

奮闘する会社に魅力を感じる

「弧廻手形」と呼ばれる銚子電鉄の1日乗車券は700円。

かなり乗り降りしたので、私にとってはかなりお得でしたが、
たとえ1,000円に値上げしても、魅力をしっかり伝えられれば
充分に売る方法はあると感じた休日でした。


自分の持っている魅力を見つけるためには、「コアコンセプト」を発掘するのが有効です。詳細は「こちら」をご覧下さい。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: ビジネスモデル 経営危機 赤字 銚子電鉄

コメント


認証コード7093

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional