銀行が言う「実績」とは?|キャッシュフロー経営実践講座

キャッシュフロー経営実践講座

銀行が言う「実績」とは?

銀行が言う「実績」とは?

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

銀行が言う「実績」とは?

「まずこれで実績を作って次の設備資金に備えましょう!」

先日、クライアントさんが日本政策金融公庫へ
借入申込をした際、先方の担当者から言われました。


入会している法人会からの推薦を受け、運転資金を借入。

今すぐお金が必要ではなかったのですが、
来年以降に必要となる設備投資の借入の前段階として、
運転資金として300万円を調達されたのです。


このクライアントさんの場合、業績も順調に伸びているので問題はありません。


しかし、気をつけなければいけないのは「実績」という言葉の定義です。

銀行が言う「実績」借りたお金をきちんと返すという実績です。


一方、一部経営者の方は、お金を借りるという実績と勘違いされています。

実際に、返済のメドは分からないが、
「とにかく銀行からお金を借りればいいんでしょ」
と思われている方も少なくありません。


前期の決算書でそこそこの数字が出ていたり、
信用保証協会の保証がついたりすると、
銀行から融資のOKが出ることがあります。


もちろん、その後の資金繰りがしっかりと計画されていれば問題ありません。

けれども、「とりあえず、OKが出たから・・・」といって安易に借入した場合、
思ったほど売上が伸びずに借入金の返済に四苦八苦することもあります。

また、手元にお金があると、ちょっと気持ちが大きくなってついつい
余計なことにお金を使ってしまう経営者もおられます。


この場合、借りた実績が負の実績になるので、
次の資金調達が難しくなってしまいます。


銀行側が「実績を作って・・・」と言う時に、裏では
「オタクが本来希望する金額は出せないので、
 本当にお金が返せるか、まずは試しますよ」
というニュアンスが含まれているのです。


「実績を」と言われた場合は、
借りたお金を1円も手を付けずに利息をつけて返せるぐらいの資金繰り
になっているかどうか、きちんと精査してから借入しましょう。

★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。

コメント


認証コード4389

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional